コンタクト

メールアドレス:
アドレス(URL): http://homepage1.nifty.com/kyotti/

1行紹介

研究分野は,教育工学,教育実践,国語科教育,図書館教育,情報リテラシー教育です。

自己紹介文

塩谷京子
静岡県生まれ。
放送大学客員准教授、関西大学・昭和女子大学非常勤講師、博士(情報学)。


(学歴)
静岡大学教育学部 卒業、
静岡大学大学院情報学研究科 修士課程修了、
関西大学大学院総合情報学研究科 博士課程修了。


(職歴)
静岡県公立小学校教諭、関西大学初等部専任教諭・司書教諭/中高等部兼務を経て、現職。


(研究業績)

<著書>

24
塩谷京子(著)2017.3 明治図書出版
司書教諭の実務マニュアル シオヤ先生の仕事術


23
堀川照代 塩谷京子(著) 2016 財団法人 放送大学教育振興会
改訂新版 学習指導と学校図書館


22
塩谷京子(著) 2016.4.30  ミネルヴァ書房
すぐ実践できる情報スキル50ー学校図書館を活用して育む基礎力ー


21 
塩谷京子(監修)2015.7.27 学研教育出版
10分で読める スポーツで感動を与えた人の伝記


20
塩谷京子(監修)2015.6.23 学研教育出版
10分で読める リーダー・英雄になった人の伝記


19
塩谷京子(監修)2015.6.23 学研教育出版
10分で読める 命と平和につくした人の伝記


18
塩谷京子(監修)2015.5.31 学研教育出版
10分で読める 宇宙や世界を冒険した人の伝記


17
塩谷京子(監修)2015.4.7 学研教育出版
10分で読める 夢と感動を生んだ人の伝記


16
塩谷京子(監修)2015.3.6 学研教育出版
10分で読める 発明・発見をした人の伝記


15
塩谷京子(著) 2014.7.25 全国学校図書館協議会
探究的な学習を支える情報活用スキル〜つかむ・さがす・えらぶ・まとめる〜(シリーズ はじめよう学校図書館10)


14
塩谷京子(監修)2014.7.4 学研教育出版
10分で読めるおばけやようかいの話


13
塩谷京子・堀田龍也(編著)2013 三省堂 
司書教諭が伝える言語活動と探究的な学習の授業デザイン


12
塩谷京子(監修)2013 学研教育出版
10分で読めるもっとこわい話


11
塩谷京子(監修)2013 学研教育出版
10分で読めるとんち・わらい話


10
塩谷京子(監修)2011.10.21 学研教育出版
10分で読める伝記6年生 


09
塩谷京子(監修)2011.10.21 学研教育出版
10分で読める伝記5年生 


08
塩谷京子(監修)2011.7.15 学研教育出版
10分で読める伝記4年生 


07
塩谷京子(監修)2011.7.15 学研教育出版
10分で読める伝記3年生 


06
塩谷京子(監修)2011.4.15 学研教育出版
10分で読める伝記2年生 


05
塩谷京子(監修)2011.4.15 学研教育出版
10分で読める伝記1年生 


04
塩谷京子(監修)2010 学研教育出版
本をもっと楽しむ本全4巻


03
堀川照代(著)高鷲忠美 塩谷京子 鎌田和宏(担当執筆) 2010 財団法人 放送大学教育振興会
新訂 学習指導と学校図書館


02
堀田龍也・塩谷京子(編著)2007 全国学校図書館協議会
学校図書館で育む情報リテラシー:すぐ実践できる小学校の情報活用スキル


01
赤木かん子・塩谷京子(著)2007 ポプラ社
しらべる力をそだてる授業!


<原著論文査読あり>
07
塩谷京子(2017.10)
特集:情報リテラシーのいま
「初等教育(小学校)における情報リテラシー教育 ー情報リテラシー教育を推進するための視点ー 」
THE JOURNAL OF INFORMATION SCIENCE AND TECHNOLOGY ASSOCIATION
『情報の科学と技術』,Vol.67,No.10, pp.527-532


06
塩谷京子・小谷田照代・萩田純子・堀内典子・堀田龍也・久保田賢一(2017.03)
「情報活用スキル育成のための授業に対する児童生徒および教員の意識に関する調査ー小中9年間を見通した体系表をもとに」
日本学校図書館学会誌『学校図書館学研究』,第19巻, pp.80-88


05
塩谷京子, 堀田龍也,久保田賢一(2015.9)
初等教育における学校図書館の学習環境の改善
-情報活用スキルを育成するための学習環境整備の要件-
Factors for Developing Information leteracy at Elementary School Library
日本教育メディア学会誌「教育メディア研究」,第22巻 第1号,pp.1-12


04
猪原敬介,上田紋香, 塩谷京子,小山内秀和(2015.10)
複数の読書量推定指標と語彙力・文章理解力との関係:日本人小学校児童への横断的調査による検討
日本教育心理学会誌「教育心理学研究」,第63巻 第3号, pp.254-266


03
塩谷京子, 堀田龍也(2012.3)
児童生徒の情報活用スキルの習得と司書教諭の指導効果に関する検討
日本教育メディア学会誌「教育メディア研究」,第17巻 第2号,pp.25-39


02
塩谷京子,堀田龍也(2009.3)
小学生に情報活用スキルを習得させるためのガイドブックの開発と効果
日本教育情報学会誌「教育情報研究」,第24巻 第4号,pp.15-26


01
塩谷京子・堀田龍也(2007.12)
小学校段階における図書館教育と情報教育を連携させたカリキュラムの開発と評価
日本教育情報学会誌「教育情報研究」, 第23巻 第3号,pp.27-38


<シンポジウム/研究成果論文集>
02
塩谷京子(2015.2.22)
初等教育における学校図書館の学習環境の改善 
—情報活用スキルの視点から—
日本図書館研究会誌「図書館界」67(2) : 59-63


01
猪原敬介・上田紋佳・塩谷京子(2013) 小学校低学年児童における読書量、語彙力、文章理解力の関係
第7回 児童教育実践についての研究助成事業 研究成果論文集, pp.8-29


<学会, 研究会発表>

29
塩谷京子 小谷田照代  堀田龍也 久保田賢一
(2016.9.19)
情報活用スキル育成のための授業に対する児童生徒および教員の意識に関する調査 ー小中9年間を見通してー
日本教育工学会第32回全国大会講演論文 pp. 69-72


28
塩谷京子 小谷田照代  萩田純子 堀内典子  堀田龍也 久保田賢一
(2016.9.3)
情報活用スキル育成のための指導内容の検討 ー小中9年間を見通してー
平成28年度日本学校図書館学会研究発表大会大会発表要旨集 pp.16-17


27
猪原敬介・上田紋佳・塩谷京子・小山内秀和 (2015)
読書頻度が読字スキルに及ぼす発達的影響―小学校低学年児童への縦断調査による発達的検討(1)―. 日本教育心理学会第57回総会, 朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター), 2015年8月26日(水), PC003, p272


26
上田紋佳・猪原敬介・ 塩谷京子・小山内秀和 (2015). 読んだ本のジャンルが言語力に及ぼす影響―小学校低学年児童への縦断調査による発達的検討(2)―. 日本教育心理学会第57回総会, 朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター), 2015年8月26日(水), PC004, p273


25
猪原敬介・上田紋佳・塩谷京子・小山内秀和 (2015). 読字スキルの発達に及ぼす読書の影響:小学校1年生から3年生にかけての縦断調査による検討. 第59回日本読書学会大会, 全林野会館(プラザ・フォレスト), 2015年8月2日(日). 第二会場(口頭発表)


24
上田紋佳・塩谷京子・小山内秀和・猪原敬介 (2014.11.7~9)
日本人小学生における読書量,読書に関する意識,および言語力の関(1)―読書量質問項目の妥当性の検討 
日本教育心理学会第56回大会, ポスター発表


23
小山内秀和・塩谷京子・上田紋佳・猪原敬介 (2014.11.7~9)
日本人小学生における読書量,読書に関する意識,および言語力の関(2)―読書への動機づけに関する検討 
日本教育心理学会第56回大会, ポスター発表


22
塩谷京子,堀田龍也,久保田賢一(2013.11.10)
探究的な学習に対応するための学校図書館における学習環境の要件の検討
日本教育情報学会第29回年会論文集, pp.230-233


21
塩谷京子,堀田龍也,久保田賢一(2013.9.20)
探究的な学習における情報活用スキルの習得に関する検討
日本教育工学会第29回全国大会講演論文集,pp.625-626


20
Kyoko Shioya, Tatsuya Horita, Kenichi Kubota(2013.8.9)
Designing an inquiry based learning environment in the school library
Proceedings of International Conference for Media in Education 2013, p20


19
猪原敬介,上田紋佳,塩谷京子,小山内秀和(2013.8) 
日本人小学生児童における読書量・語彙力・読解力の関係(1)
日本教育心理学会第55回総会,PB-073


18
上田紋佳,猪原敬介,塩谷京子,小山内秀和(2013.8) 
日本人小学生児童における読書量・語彙力・読解力の関係(2):タイトル再認テスト日本児童版の作成:項目反応理論による検討 
日本教育心理学会第55回総会,PB-074


17
猪原敬介,上田紋佳,塩谷京子(2012.11)
小学生の読書量推定のための指標作成の試み
日本教育心理学会第54回総会, PG-049


16
塩谷京子(2011.10.22)
思考スキルの育成をめざしたアプローチ〜第1学年の授業実践〜
全日本教育工学研究協議会第37回年会論文集, CD-ROM


15
河西 由美子, 庭井 史絵, 塩谷 京子, 藤田 利江, 小林 路子, 高 桑 弥須子, 奥 村 明子, 伊藤 史織, 今井 亜湖, 堀田 龍也(2009.10.31)学校図書館活用を促す教員向け探究型学習パケケージの開発, 第57回日本図書館情報学会研究大会論文集


14
河西由美子, 伊藤史織, 後藤芳文, 塩谷京子, 堀田龍也(2009.09.20)
中学3年生向け情報リテラシー教育プログラムの評価研究
日本教育工学会第25回全国大会講演論文集, pp.675-676


13
塩谷京子, 堀田龍也(2009.05.16)
情報活用スキルの指導の継続が児童の習得度に及ぼす効果
日本教育工学会研究報告集, JSET09-2, pp.123-128


12
塩谷京子, 堀田龍也(2009.03.07)
各教科等の指導における情報活用スキルの習得度の調査
日本教育工学会研究報告集, JSET09-1, pp.47-52


11
塩谷京子, 堀田龍也(2008.9.16)
中学校, 高等学校の生徒の情報活用スキル習得度の調査
日本教育工学会研究報告集, JSET08-4, pp.15-20


10
塩谷京子, 堀田龍也(2008.8.20)
図書館教育と情報教育の推進のための環境整備に関する調査結果
日本教育情報学会第24回年会論文集, pp.126-129


09
塩谷京子, 堀田龍也(2008.5.16)
小学生に情報活用スキルを習得させるためのガイドブックの運用と効果
日本教育工学会研究報告集, JSET08-2, pp.155-162


08
塩谷京子, 堀田龍也(2007.11.17)
図書館指導で情報活用スキルを身に付けさせるためのガイドブックの開発
全日本教育工学研究協議会第33回年会論文集, CD-ROM


07
塩谷京子, 堀田龍也(2007.8.21)
情報活用スキルを身に付けさせるための図書館教育整備状況の調査
日本教育情報学会第23回年会論文集, pp.246-247


06
塩谷京子, 堀田龍也(2006.11.04)
図書館教育と情報教育を連携させたカリキュラムの運用と評価
日本教育工学会第22回年会講演論文集, pp.765-766


05
塩谷京子, 堀田龍也(2006.09.13)
情報社会について学ぶ小学生向け情報テキストの開発と効果
全日本教育工学研究協議会第32回年会論文集, CD-ROM


04
塩谷京子, 堀田龍也(2005.11.12)
図書館情報教育を連携させたカリキュラムおよび教材の開発と評価
全日本教育工学研究協議会第31回年会論文集,CD-ROM


03
塩谷京子, 堀田龍也(2005.9.23)
図書館教育と情報教育を連携させたカリキュラムの開発と効果
日本教育工学会第21回年会論文集, pp.837-838


02
塩谷京子, 堀田龍也(2005.3.19)
図書館教育と情報教育の連携カリキュラムを実施するための相互支援体制に関する調査
日本教育工学会研究報告集, JET05-3, pp.135-140

01
塩谷京子, 堀田龍也(2004.11.16)
図書館教育と情報教育のカリキュラム連携に関する調査
全日本教育工学研究協議会第30回年会論文集, CD-ROM

<雑誌の原稿>
08
塩谷京子(2016.8)
特集ー教育の情報化と学校図書館ー
教育の情報化を学校図書館の視点から読む
学校図書館(790), pp21-23


07
塩谷京子(2016.1)
学校図書館をデザインする −子どもの行動から見出した改善点
学習情報研究(248), pp42-43


06
塩谷京子(2010.11)
「あたらしい」を創る関西大学初中高等部の図書館
学習情報研究(217), pp46-49


05
塩谷京子(2009.11)
図書館教育と情報教育のカリキュラムの開発と実践
学習情報研究(211), pp10-13


04
塩谷京子(2008.5)
児童生徒の情報活用能力育成を助ける参考図書
学校図書館(691), pp14-17


03
塩谷京子(2007.11)
ネット検索に潜む4つの「落とし穴」—図鑑や事典で育む子どもの力
NEW教育とコンピュータ23(11), pp43-45


02
塩谷京子(2003.9)
分類のしくみを発達段階に応じて指導
学校図書館(635), pp42-44


01
塩谷京子(2000.3)
司書教諭の実践活動 学校図書館リニューアルのために
学校図書館(593), pp18-20

興味のあること

児童生徒が、自分の問いを解決するプロセスに興味があります。 研究の軸は、以下の3点です 1考えて表現するときに必要なスキル(情報活用スキル)を基礎・基本レベルにまで細かく分解し系統立てること2児童生徒が情報活用スキルを習得するための授業デザイン 3児童生徒が情報活用スキルを習得するための学校図書館における学習環境デザイン